カテゴリー「大物魚」の記事

2017年8月26日 (土)

マグロ・カツオ

Img_20171001_0826 元町内会長の同好会に便乗。いつものことだが、マグロが釣れても大きすぎて後処理に困るし、カツオが釣れても妻が喜ばないので、持ち帰ることをやめて、魚の大きな引きを楽しむだけ・・?ということであまり釣果は期待せずに参加。メンバーは年寄りが多いので暑さ対策を心配したが、予報を上回るような猛暑、影のできない釣り座で横になっているのを見るとまるで人間天日干し。全員無事に帰還してGoodでした。

○釣り船;辰丸(大磯港)
○同行者;オーさんエスさん。11名の仕立て。
○狙い;マグロ、カツオ
○場所;二ノ宮、大磯のずっと沖、浮き漁礁(パヤオ)付近。ぽつぽつと白兎が跳ぶ程度の風。

○道具;ゴウインブルHH1.9m(竿)にスーパータナセンサーR-X500W(PE6号手巻きリール)
・仕掛け:片天秤に16号2.5mの市販の仕掛け、錘80号ビシ。タナは海面から25~30m

○釣果;小型カツオ(約40cm)x2、シーラx1。(船全体マグロ 0、カツオ 0~3、シーラ多数?)

○その他
・片舷5人、ミヨシに1人。右舷前から3番目。
・中潮;晴れて猛暑日で日干しになりそうな暑さ。
・オイラはカツオ一匹持ち帰り。残りはボウズを含む周りに進呈。

○教訓
・約5m幅の棚だが、やはり誘いを入れた方が効果があるようだ。
・年寄りは暑さ対策(特に水分補給)を十分に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

マグロ、カツオ 玉砕

Ca390009Dscn0359 回遊するマグロやカツオを見つけるのは容易なことではないようだ。相模湾の湾口は広く、出港から2時間以上、湾の端から端までただ移動したような気がするが魚影は見つからないようで、やがて小集団に合流する。それぞれの船が仕掛けを入れては上げ、移動してはまた入れる。時間が経つにつれ集団は大きくなり、50隻は超えると思われる大船団に成長する。・・・が、どの船もヒットしている様子はない。我が辰丸も誰1人アタリはない。魚探の反応はあるようだが、口を使わないんだね。最後までこんな状況が続き今日は玉砕の日となった。たまたま仕掛けを上げる時、海面で小さなシーラが喰いついたオイラが寂しい竿頭です。どこかの船は釣れたんですかね~??

○釣り船;辰丸(大磯港)
○同行者;オーさんエスさん。8名の仕立て。
○狙い;マグロ、カツオ
○場所;二ノ宮、大磯沖、江の島沖、相模湾全般。台風のうねりあり、後半雨模様。
○釣果;シーラx1。(全員全くアタリ無しで玉砕)

○道具;ゴウインブルHH1.9m(竿)にスーパータナセンサーR-X500W(手巻きリール)
・仕掛け:片天秤に16号3mの市販の仕掛け、錘80号ビシ。タナは海面から30~40m

Img_20171001_0827○その他
・片舷4人、左舷艫。
・長潮;晴れ後雨で暑さも程々。
・各漁港から集まったマグロ狙いの遊漁船が50隻を超える大船団に成長して入り乱れながら移動する様は壮大である。

○教訓
 ・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

辰丸、メジ・カツオ

Ca390042  同行させてもらう近所の釣り仲間(元町内会長)との数日前の会話。
「Sf さん、オイラ、デカいクーラーを持って無いんだけどマグロ釣れたらどうしよう。」
「自分が50㍑持ってるし、それに入らなければ船のイケスに入れてくれるよ。」
「でも、帰る時に困るよね。オイラはほんの少しあればいいんで切り分けてみんなに配れば問題解決だけど。」
「別料金で港で解体してくれるけど、自分がデカ出刃も持っていくから大丈夫。」

 てな具合で4日前の同船、同グループの情報(全員ゼロ)から、まず釣れることはないと思いつつも、まるで30kクラスが釣れた時のような心配ばかりしていたらホントに釣れてしまいました。5k強のキメジだけど70cm近く、当然オイラのクーラーでは間に合わず50㍑の方へ。
 入港後に、デカ出刃をふるってもらい、半身はそのSf さんに進呈ですべて問題解決と相成りました。
 今日の辰丸(6人)は、キメジ3本(5~8Kg)、カツオ10本ほどで好釣果。オイラの釣果はキメジ1本だけだったけどカツオも1本もらって、Sf さんホントにお世話になりました。
 さて、デカいクーラーがあれば概ね問題は発生しないんだけど、マグロ、ブリの時期だけなのと、狭い家での置き場所とかで購入については考えるよね。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

メジ、カツオ

0609202_1 0609204_1  参加メンバーはO、S、Eさん。遊漁船浅八丸でおじさんとしては初のメジマグロ、カツオ狙い。小さいながら強烈な引きを体験させてもらったよ。カッタクリのしゃくりを竿で行い、強烈な引きと併せてほんとに腕が痛くなったね。
この釣りは対象が回遊魚のため、船頭さんが船を移動しながら魚探(?)で魚の反応を探し回り、見つけたらすかさず船を止めて仕掛けを投入させる釣り方のようで、最初の1~2投が勝負だね。だから釣れた魚を取り込み中にバラシたり、大事なときに仕掛けを絡ませたりした時はほんとに悔しいはずだけど、初めてでそこらへんをよく理解せずにのんびりしてて船頭さんがイライラしたかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)