カテゴリー「青物魚」の記事

2017年5月27日 (土)

ムギ、鯵 → 鯖一尾

Dscn0464 Sfさんの右手首の骨の回復で1年半ぶりの復帰戦。狙いはムギイカとアジのリレーの予定だったが、風と波(うねり)でイカは取りやめ最初からアジ狙い。釣れたアジはでかいが、全体の釣果はゼロから5でかなり渋い。アジ釣りでゼロなど考えもしなかったが結果ゼロで、オイラがボトム。悔しさも沸いてこない釣果だったね。

○釣り船;辰丸(大磯港)
○同行者;オーさん。9名の仕立て。
○狙い;ムギイカ、アジのところ風とうねりでイカはやらず。
○場所;二ノ宮、大磯沖、水深90m前後。風やや強く海面に白波がたつ。
○釣果;サバx1、(船中でアジは0~5でおいらがボトム)

○道具;Deeo120-180 1.8m&手作り915 1.5m(竿)にシーボーグ300J(PE3号巻)&シーボーグ250(PE2号巻)
・仕掛け錘:片天秤に2号1.5mの2本針、錘130号ビシ、

○その他
・片舷4人、右舷前から2番目。
・大潮;一日晴れだが波しぶきの海。
・Deeo120(錘100~200号)は硬すぎて小物外道のアタリが全く分らず、手作り竿に交換するがその後もアジは釣れず。
・Sfさん2匹しか釣れてないアジの一匹を是非持って行けというのでサバと交換した結果写真はアジに変身。

Img_20171001_0527○教訓
・130号ビシなので硬い竿でもOKと思って使ってみたが、小物外道のアタリに気が付かないと本命用の針が残ってなくて、結果として釣れる機会を逃がしているんだね。少し柔らかめで小物のアタリが分る竿が良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月27日 (水)

アジ

  P1271851元々はキンメの予定だったが平安丸が遅い正月休みで庄治郎丸のビシアジに変更。エスさんは釣ったアジを泳がせてブリを狙う端物釣りをやりたくて、釣り座確保のため早朝3時半に船宿に行ったよう・・だがすでに遅く4隅は他の釣り客へ・・で、その端物をやった人は5キロ超えのワラサ2本とか・・・我々はそれを横目で見ながら終始アジ釣りに専念。でもいい型がそこそこ釣れて楽しかったよ。

○釣り船;庄治郎丸(平塚港)
○同行者;オー、エスさん。10名の乗合
○狙い;アジ(ビシ籠)
○場所;大磯沖、水深約100~120m。北よりの風、波穏やか。
○釣果;本命x16(船全体14~38杯)、サバx1。
・片舷5人、左舷胴間に仲間3人。

○道具;リーディングXネモノ2.1m(竿)にシーボーグ300J(リール)
・仕掛け:2号2本鈎2m。錘130号ビシ。
・最初全く釣れず、エスさんの助言で仕掛けを蛍光玉付きに変えてポツポツ釣れ始める。

○その他
・中潮;朝のうちは気温零度付近で寒かったが穏やかな晴天の釣り日和。

○教訓
・釣果を伸ばすには、釣り客全員が協力して回遊してくるアジの棚に次々にコマセを撒いて魚を足止めする必要があるが、何回しゃくって何分待てばばビシ籠のコマセ(鰯のすり身)が、無くなるのかよく分らず、これも経験が必要のようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

マグロの仕掛けでアジサバ?

Ca390007 相模湾は今マグロフィーバーに沸いています。数年前からキハダマグロが湾に入って来るようになり、それを狙った遊漁船数十隻がポイントに集まります。何らかの情報を得たんでしょうね、その一部が一斉に同じ方向に移動を始めるのです。まるで津軽海峡の大間マグロの漁船の競争のようで驚きました。
 我が仕立て船の庄三郎丸もその一角を担ったわけですが、魚探の反応はあるのに、殆どのマグロが餌の沖アミに興味を示さないようです。時々滝のような雨に打たれながらの釣行になりましたが、我が社の有志9人には誰もアタリはなく、最後に船長の提案でアジサバに移行しましたが、タックルはマグロ用で竿は太くて硬く、リールはデカく糸も太い、ハリス仕掛けのみアジ用の、極めてやりにくい小物釣りになりました。
 結果アジは釣れず、サバ数匹の寂しいものになりました。
 マグロは釣れても船で1~2匹、全員がその引きを経験できることはないので最初からアジサバも入れて計画したほうが良いと思うね。貸切り船だもんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

10年ぶり、ビシアジ

P3171634  先週の釣り予定日に、また南岸低気圧が悪天候を運んできて、網代の鯛釣りを中止し、本日のアジ釣りとなる。
 海釣りを始めた初回がビシアジだったが、ライト五目でもアジは釣れるので、ビシ籠の仕掛けでアジのみを狙うのは10年ぶり。片舷6人でほぼ満杯の釣り人。我が仲間3人(O、S、&オイラ)は左舷の前方にかたまる。大潮で潮の流れが速く、100m前後の水深では周りとのオマツリが避けられない。オイラは前から2番目に座っているのになぜか3~4人とばして最後尾と仕掛けが絡む。サバに走られているのに巻き上げ速度が遅く、チンタラ上げているからだと船長に怒られる。仕掛けを上げろと言われて、魚の引きをオマツリと勘違いしていると竿先の動きで、ドラグが緩いとまた怒られる。しかしさすがに船長、見ただけで状況を的確に把握する経験の豊かさには感服だね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

アジ最下位?

Pb121093  町内会長のお誘いを受け、会長の釣りグループに混じって、大磯からアジ狙い。当初は釣ったアジをエサにヒラメやワラサをと捕らぬ狸を決め込んでいたが・・・。
 昼を過ぎるまでおじさんには肝心のアジが全く釣れない。ほかのメンバーも苦戦しており、ヒラメ、ワラサどころではない。
 結果は写真の貧果であり、おじさんが最下位。赤い魚は名前も分らないが食えるというので持ち帰り、ご近所に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

急きょのお誘いありがとう

Pa081079  町内の釣り仲間(町内会長)の釣りグループの定例沖釣りに急遽お誘い頂く。狙いはイナダ、メジマグロということで二つ返事で参加。数年前に一度だけ経験したメジの強烈な引きが思い出され、その時のカッタクリの仕掛けを引っ張り出して竿に付けてシャクる。
 そして再びあの興奮を・・。2度ほど・・。思いがけないカンパチのゲストもあって、本日のおじさんは絶好調。
Img_20111008_1008 Sさんが教えてくれたソーダ鰹のナメローも試してみたけど、これがすこぶる旨い。鰹が嫌いな我が女房殿も喜んで食していましたよ。町内会長お誘いありがとう。今度はまた我がグループにも参加してください。釣りってほんとに面白いですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

ソーダばっか

P9281072  会社の釣り仲間3人(Oさん,Sさん、おじさん)の沖釣りでイナダ狙い。乗合船は片舷4人でゆったりだが、そろそろ時期はずれなのか釣れない。というより餌のオキアミに興味を示さない。釣れるのはソーダ鰹ばかりで、これが集まると途中で喰われて仕掛けが棚まで落ちていかない。我が女房殿は鰹が口に合わず持ち帰るのを嫌うので全てリリース。
 見かねた船長が、うるめ鰯の反応を見て、これを生餌にすることをSさんに教える。Sさん、たまたま釣れた鰯を言われるように泳がせて見事に喰わせる。すると船長、サビキ仕掛けをSさんにくれて餌の鰯を釣らせる。おじさんとOさんはその鰯をもらって何とかイナダをゲット。
 イナダ狙いに小物用サビキ仕掛けが必要とは思ってもいなかったね。また、ソーダがうじゃうじゃ居る中でサビキの鰯釣りが極めて難しい釣りであることを認識したね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

乗り合い貸切

P9160885  今年の猛暑は海水温を高くし(逆か?海水温が高いから猛暑?)、毎年この時期に狙える魚を遠ざけている。メジ(マグロ)、鰹を計画し、随時船宿の釣果をチェックしていたが、ほぼ釣れていない。少しは期待できるイナダの乗り合いに変えるが、今日は1日雨の予報で、実際朝から大雨。
 出かける前から大雨の場合、通常一人だと中止するが、我がグループ4人(O、S、Kmさんにおじさん)誰も中止しようとは言わない。船宿では他の予約客は全てキャンセルの連絡で、船は我がグループのみの貸切となる。途中少し雨の上がる時間帯もあったが、釣果はサバの他はポツポツ。水深20mほどで、サバの群のなかから狙いのイナダやカンパチを釣り分けることは極めて難しい。
 結構上等の雨衣を着とるのに、中まで濡れて何でやねん? 今年はもうメジマグロは釣れへんのかい? なんでサバだけは大漁なんや?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

貧果・・

071024  前回ハリスが細くて、メジマグロの突進に耐えられず、船縁から取り込めなかったのを教訓に、太いハリスの仕掛けを準備していったんだが・・・。今日は我が社のボートのいつものメンバー(O、S、Kmさん)は誰もメジの顔を見ることはできず、おじさんも写真の貧果だが、イナダ、アジ、ソウダ、サバの四目は達成で良しとするか。しかしサバの他は各一匹ずつで今日は近所に配ることは出来ないね。そういえばSさんに我がグループ初の太刀魚が釣れたヨ。おじさんのインチクにも一度アタリがあって、鉛に鋭い歯形が残っていたけど何だろうね。
近く会社の同好会で釣り大会が計画されているがこんな貧果では賞品にはありつけないね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

ソーダ、主婦連へ

 突然入った仕事が終了したのが昨夜(今朝)午前0時半で、今日は以前から計画の沖釣り。午前2時就寝で5時起き、殆ど寝る時間が無くても釣りに出かける元気はまだ十分残っている。
 我が社の小さなボートではちょっと危ない海上(河口)模様ということで、計画を変更して乗り合いの遊漁船とする。時間を過ぎて既に出港していた船を船宿が呼び戻してくれてのワカシ船。我がメンバー(Oさん、E君、Kmさん)の他の釣り客は4人、いつもに比べれば極めてゆったり状態で隣とおまつりの心配もない真夏の好天気。
 獲物の殆どはソーダ鰹で、クーラーの蓋が閉まらなくなるほどよく釣れる。妻に電話すると生ゴミの収集日が過ぎたのでどこかで処分して帰るようにということでこのタイトルとなる。本命のワカシはごくわずかだが、我がメンバーにはアジや小さなメジも上がってみんな大漁だね。それにしても我が社の主婦連は途中の荷卸しをホントに喜ぶね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)