カテゴリー「五目」の記事

2017年6月24日 (土)

イカ、中深場五目

Dscn0488スルメも狙うという事で喜び参加したがイカは船中で3杯。深場も鬼(カサゴ)退治ならず、このところ貧果続き。小物が釣れて針が埋まっているのに気づかずズーッと待ち続けているという事態に気づく。なんとかせねば・・。どうできる?

○釣り船;辰丸(大磯港)
○同行者;オーさん。10名の仕立て。
○狙い;スルメ&中深場:出来ればオニカサゴ、ムツ
○場所;二ノ宮、大磯沖、水深約100m(スルメ)、170~210m(オニカサゴ等)。
○道具;リーディングクウ1.8m&シーボ-グ300J(3号PE)(イカ)、リーディングXネモノ2.05m&シーボ-グ400MM(5号PE)
・仕掛け:イカ;14cmプラヅノ8~9本直結(幹糸6号)。途中スッテを混ぜる。錘120号   :深場:幹糸12号枝間1.2mにハリス8号60cm3本鈎の胴付き。錘150号。又ハリス4号2m2本鈎の天秤仕掛を試す。

○釣果;イカはゼロ(船中で3杯)。深場はサバ、シロムツ、カサゴ等。

○その他
・片舷5人、右舷前から2番目。
・大潮;晴天無風 良い釣り日和。
・胴付仕掛天秤とも小物のアタリ分からす。

Img_20171001_0624○教訓
・深場では仕掛けの上げ下げに時間がかかるため、小物が釣れていることに気づかなければいつまでもアタリを待つことになる。・・が、針は埋まっており、結果、本命のチャンスを逃している。穂先の敏感な竿が必要か?でも錘は150号だしナ・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

深場五目

Dscn0426  殆ど期待できない深場だけど、間違ってアカムツとか金目鯛が釣れるかもと、最近アカムツの釣り番組で見た天秤仕掛など準備して大磯港へ。これを試している間だけアタリがあり、きっとハリスが長くなる分、餌の動きがよくなるんだろうね。でも広い範囲の棚を探るには、頻繁な仕掛の上げ下げが必要で結構大変なことも判明。一長一短があるね。釣果は淋しかったが最初から期待してなかったからね。

○釣り船;辰丸(大磯港)
○同行者;オーさん。7名の仕立て。
○狙い;深場五目:出来ればアカムツ、キンメ
○場所;二ノ宮、大磯沖、水深210~370m。
○釣果;スミヤキx2、オキギス等。
○道具;リーディングXネモノ2.05m(竿)にタナコンブル750Fe(リール)
・仕掛け:幹糸12号枝間1.2mにハリス10号60cm8本鈎の胴付き、錘250号。又ハリス10号3m3本鈎の天秤仕掛を試す。

Img_20171001_0325○その他
・片舷4人、右舷艫から2番目。
・中潮;真冬並みの気温だが晴れ間も覗く良い釣り日和。後半少し北風。
・胴付仕掛では一回も当らず、天秤仕掛に変えてスキミヤキ等。その他の主な獲物はFwさんに45cm、1kg程のアラのみ。
・オーさんが海面まで上げてきた大きなスミヤキをタモですくい損ねて海面でバラす。お詫びにオイラの釣った小さなのを進呈。

○教訓
・天秤仕掛はアタリは増えるが広い範囲の棚取りと誘いが必要で、結構忙しい。でも周りに迷惑が掛からなければ試してみる価値はあるかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

根魚

Dscn0413 1年ぶりのキンメ狙いで小田原早川港。昨日はかなり好釣果だったようなので期待したんだが今日のキンメは相当渋い。南沖での最初のアタリは期待しながら上げてみると途中までクンクン引いていたのにスカ~。釣れたキンメは真鶴沖での金魚のようなサイズ2匹のみ。エスさんは最後の1投で挽回の5連掛。クロムツが釣れたのでマァ いいか。

○釣り船;平安丸(早川港)
○同行者;オー、エスさん。9名の乗合(片舷4&5人)。
○狙い;根魚(キンメ鯛)
○場所;初島、真鶴沖、水深約230~350m。風、波共に穏やか。
○釣果;本命x2(船全体では1~11杯)、クロムツx6、シロムツx1、サバx1。
・仲間の釣果も概ね同程度、但しエスさん最後の1投でキンメの5連掛け。

○道具;ゴウインブル1.9m(竿)にタナコンブル750(リール)
・自前の仕掛(10本針、胴付仕掛け:幹糸12号、エダス10号)。錘150号。
・サメのスレ掛かりで仕掛けの半分と錘を失う。

○その他
・中潮;釣り座は左舷前から2番目で仲間2人は両舷ミヨシ。

○教訓
・仕掛けの修復で船長の投入の合図に間に合わない場合があるが、針数が多いのでかまわず投入すべし。そのためには、正常な針にはまず餌を付けておく。また投入時の仕掛けの手前マツリも同じく続行すべし。生きている何本かの針に期待する。
・完成した仕掛は少なくとも2組準備すべし(手前マツリ等仕掛けの修復は釣りながらでも可能)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

ライト五目

Dscn0373  このところ釣りには出ても不調続きで獲物を多く持ち帰ることはなかったが今日は小物メインの五目釣りで、久々の釣果を期待して意気揚々と出かける。不参加予定だったエスさんも朝突然現れ、仲間4人で片舷11人の超込み合いの乗り合い船へ。でも仕掛の水深は10~30mと浅く、周りとのオマツリも気になるほどではなかったが風と波による波しぶきは気になったね。
 頻繁な小物のアタリを最後まで十分楽しむことができたが小さすぎるウリボウ(イサキの幼魚)はどのように調理するかね。

○釣り船;沖右衛門丸(茅ヶ崎港);片舷11人、右舷前から4番目。
○同行者;エスさん、Abさん、シュウヘイ君。22名の乗合
○狙い;釣れるもの(ライト五目:主にアジ)
○場所;茅ヶ崎、藤沢、鎌倉沖、水深約10~40m。南よりの風やや強く波約2m。
○釣果;アジx20、ウリボウx20、サバ数匹。

○道具;手作り915 1.6m、リーディング64 1.9mに小型両軸手巻きリール
・仕掛け:市販のウイリー仕掛2~2.5号。天秤ビシ錘40号。
・イナダ用として初めにサビキをセットした(船長指示)が使うことなく天秤ウイリー仕掛けに変更。本日イナダの休養日??

○その他
・中潮;朝からうねりが大きいと感じていたが波も高く、船が走ると船首で巻き上げた波しぶきが強い風に流され大雨のように船内に降りそそぐ。雨着の上を持っていって良かった・・。
・途中でシュウヘイ君が背中の痛みを訴えてキャビンで休んでいたが大事無ければ良いね。

○教訓
・波が高く風が強いときは雨が無くても雨着が・・必需品。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

深場五目

Dscn0352 釣りの楽しみといえば何といっても魚たちとの出会いであり、そこに到る過程であり、最後はそれを有難く食することであろう。また、船の場合、隣りに気の合う仲間がいることが多く、釣果を競い合ったり、道具や仕掛けを自慢したりけなしたり、色々考えられるが、最近、腕=釣果と考え、ガツガツしすぎていたように思う。沢山釣れても自分の家で食べられるのはわずかなのに何故か少しでも多く釣りたい思うのは人間がセコイんだろうね。
 今日は元町内会長のグループからのお誘いで深場の釣り。もともとあまり釣れると思っていないせいもあって、雰囲気を楽しみながらゆったりと釣ることができた。いつもこんな調子でいきたいね。

○釣り船;辰丸(大磯港)
○同行者;オーさん。6名の仕立て。
○狙い;深場五目:出来ればアカムツ、キンメ
○場所;二ノ宮、大磯沖、水深250~450m波、風共に穏やか。
○釣果;シロムツ、メバル等x5。(トップは概ねツ抜けくらい?)

○道具;リーディングXネモノ2.05m(竿)にタナコンブル750Fe(リール)
・仕掛け:片天秤に7号2.7mの2本針、錘150号、及び幹糸12号枝間1.2mにハリス8号60cm8本鈎の胴付き、錘250号。

Img_20171001_0708○その他
・片舷3人、右舷中央。
・中潮;一日曇り空で暑さも程々。
・エフさんが釣ったバラムツ(消化不良を起こすため販売禁止の魚)を港で解体し切り身をお土産にもらって初めて食す(決して沢山食べないように注意されて)。結構美味。
・キンメは船中で2匹、その他トウジン、スミヤキ、ドンコ、カサゴ、バラムツ等

○教訓
・ハリスに安いナイロンを使うことが多いが、パーマ状になって糸癖が付きやすい感じがする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

真鯛船

Dscn0305  ライト五目の乗合ならばアジや鯛を含めて色々釣れると思うけど、どなたか五目船の船長の毒舌がお嫌いで真鯛ねらいとなる。
 このところの釣果もポツポツで、真鯛船に乗れば鯛が釣れるとは思っていないが、鯛の引きとは全く違う大アジのアタリに胸おどらせ、顔を見るまで期待する。今日はまたも南風にやられて早上がり。当然鯛の顔を拝むこと叶わず。

○釣り船;庄治郎丸(平塚港)
○同行者;オー、エス、ショウヘイさん。6名の乗合。
○狙い;マダイ
○場所;二ノ宮、大磯沖、水深40~90m。後半南風、12時頃沖上がり
○釣果;本命ゼロ、大アジ゙x3。(船のトッフはショウヘイさんx1)

○道具;Aグリップネライ2.15m(竿)にシーボーグ300J(リール)
・仕掛け:片天秤の下にゴムクッション1m、ハリス3号7m、錘80号オキアミ用ビシ。途中から2本鈎のアジ狙いにするが効果なし。

○その他
・片舷3人、右舷中央。
・中潮;南風の予報が気になっていたが、当初は凪。後半予報どおり南風が吹き始めると海面は時化て、結果は早上がり。
・アタリは40cm近い大アジの3回のみ。

○教訓
・やはり南風の予報には要注意。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

ネモノ・・キンメ・・

Pc161846 1年ぶりのキンメ鯛。深場を攻める根魚船は船を後進させながら船長の合図で船首から一人ずつ仕掛を投入する。このため全員手返しは同じになり一回の投入で如何に多くの鈎に獲物を掛けるかが釣果を左右する。だから鈎数が多いほうが有利と思っていたが・・

○釣り船;平安丸(早川港)
○同行者;オー、エス、シュウヘイさん。13名の乗合
○狙い;キンメ鯛(深場五目)
○場所;小田原、真鶴沖、水深約220~350m。南西の風、波約1m。
○釣果;本命x6(船全体0~8杯)、シロムツx8、スミヤキx1。
・船首方向の釣り座が有利、仲間の釣果も概ねその順。

○道具;リーディングXネモノ2.1m(竿)にタナコンブル750(リール)
・自前の仕掛(10→7本針、胴付仕掛け:幹糸12号、エダス10号)。錘150号。
・隣(オーさん)とのオマツリで仕掛がグチャグチャになり、船上で作り直す(鈎数が多いので手間がかかり投入機会を一回パス)。

○その他
・中潮;釣り座は左舷前から3番目で仲間内ではオイラが最前方。船の構造物の端で風が回り舷側に並べて垂らした仕掛が揺れて重なりそのまま投入すると手前マツリになる。

○教訓
・釣り客の数や風の強さによって鈎数を調整すべし(舷側に並べる仕掛の間隔が狭いと投入時によく絡む)。
・完成した仕掛も準備すべし(今回仕掛のパーツのみ準備、幹糸に枝を結ぶだけだったが数が多く手間がかかる)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

ライト五目で鯛も・・

P9141813_2P9151823_3 会社の有志5人による豊漁丸の仕立船だが、いつも乗り合い船で一緒の顔ぶれとほぼ変わらない。
 オイラは以前作ったマルイカ竿が柔らか過ぎる感じがしたのでもう一本硬めの竿を作ってそのお披露目試し釣りを兼ねる。
 最初に釣れたのは小ぶりの真鯛、続いてイナダ。小ぶりとはいえ、久しぶりに味わう鯛の3段、4段引きとイナダの強烈な引き込み。1.5m、細身の短竿ながらグラス繊維と適度な太さのネバリ調子でなんとかこれをいなして仕留める。マルイカからイナダ、鯛までの万能性を確認し、オイラお気に入り竿のトップクラスへ仲間入り。
 その後も追加の鯛やアジ、サバ、ソウダカツオ、デカキス等が上がり、まさに豊漁。ライト五目で鯛が3杯も釣れたのは初めてのことで、Oさんは30㎝を超える石鯛まで釣れて、お互い大満足の一日でした。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

豊漁。。。

P6191793_2 豊漁丸で五目釣り。メンバーは会社の釣り好き7人。懐かしい元社員も参加しての仕立て船。もちろんいつものメンバー”O”さん、”S”さんも参加というより、もともと彼らの計画??。
 時期的には梅雨の真っ最中で、朝から雨。気温も上がらず濡れれば寒いくらいの天気。このところ釣れない日も多いようで、入港後、釣り宿のおやじの話では「いい日に当たって良かったね」的な所感。
 大きめのウルメ鰯?(写真右下)の初めての刺身(これこそ釣り人しか味わえない)も、たいそう美味でしたよ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

カマス、アジ

P5041782 先月は計画した日がことごとく悪天候にみまわれ、全て中止。そこでお誘いを受けた辰丸グループの臨時仕立てに喜んで便乗。
 立ち上がり、カマスポイントの状況(反応)は全くないようで、結果的に最初からアジ狙いになってしまったが、これが実に厳しい。最近の相模湾、釣れない日が多くなったような気がするが、この現象、オイラのみの局部的なものか?・・ 今日の釣り客は7人。アジのトップは9、ラストは1、オイラは3。アジでこんなに苦労するのは前回に引続きだね。
 あまりの貧果に写真を撮るのも忘れ、気が付いたら刺身に変身した後で、仕方なく寂しい食卓を撮る。この貧果、いつまで続くんだろうね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧