« イカ、中深場五目 | トップページ | マルイカ »

2017年7月15日 (土)

太刀魚 東京湾

 夏のタチウオを体験した。獲物は小さいが、浅場で錘は軽く、土曜日もあって超満員の釣り船。しかし棚が浅く、隣り近所とマツルことは殆どない。・・が暑い中でのしゃくりは年寄りの体力をかなり奪うものであることを認識する。夏場の釣りは水分補給に注意しながら気を引き締めて行わねば・・。


○釣り船;弁天屋(金沢漁港);片舷15人、右舷前から4番目。(30名の乗合)
○同行者;辰丸グループFwさんの誘いでその仲間2人とエスさん、Abさん
○狙い;太刀魚
○場所;東京湾横第2海ほ付近?、水深15~30m。風、波共に弱く。
○釣果;本命x2(指2本にも満たない小物)なぜかアジが掛かる。同行者は4~5(船のトップは12、ツヌケ7人)。

○道具;DeeoSPS 1.8m、シーボーグ250電動リール(PE2号)
・仕掛け:ハリス7号2mにタチウオ鈎2/0 & 6号1/0。 天秤仕掛錘30~60号。針に七夕飾りのようなフラッシャーを付けて効果があったかも。

○その他
・小潮;超満員の片舷15人。・・だが棚が浅くお祭りは殆どない。
・東京湾の夏の太刀魚のハシリを体験。相当渋い状況だったと思う。超満員だと魚もどの餌を選ぶか苦労するだろうね。釣りは疲れたが、帰路は渋滞を避け1号線経由で概ね順調。
・獲るべきところでミスること3~4回。海面でのバラし、途中で付け替えた針の結び目の解け等。

○教訓
・上げる途中、食い上げ等で相当軽くなることがある。そんな時巻き取りを止めるとそこでバレることが多い。どうせ餌のチェックが必要なんだから最後まで巻き上げを止めないこと。
・針の結び目が解けてバレるのは非常に悔しい思いをする。基本的なところでミスしないように。
・錘が軽く、獲物が小さい浅場ではもう少し柔らかい竿のほうが良いかも・・。

|

« イカ、中深場五目 | トップページ | マルイカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164427/65541290

この記事へのトラックバック一覧です: 太刀魚 東京湾:

« イカ、中深場五目 | トップページ | マルイカ »