« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月24日 (土)

イカ、中深場五目

Dscn0488スルメも狙うという事で喜び参加したがイカは船中で3杯。深場も鬼(カサゴ)退治ならず、このところ貧果続き。小物が釣れて針が埋まっているのに気づかずズーッと待ち続けているという事態に気づく。なんとかせねば・・。どうできる?

○釣り船;辰丸(大磯港)
○同行者;オーさん。10名の仕立て。
○狙い;スルメ&中深場:出来ればオニカサゴ、ムツ
○場所;二ノ宮、大磯沖、水深約100m(スルメ)、170~210m(オニカサゴ等)。
○道具;リーディングクウ1.8m&シーボ-グ300J(3号PE)(イカ)、リーディングXネモノ2.05m&シーボ-グ400MM(5号PE)
・仕掛け:イカ;14cmプラヅノ8~9本直結(幹糸6号)。途中スッテを混ぜる。錘120号   :深場:幹糸12号枝間1.2mにハリス8号60cm3本鈎の胴付き。錘150号。又ハリス4号2m2本鈎の天秤仕掛を試す。

○釣果;イカはゼロ(船中で3杯)。深場はサバ、シロムツ、カサゴ等。

○その他
・片舷5人、右舷前から2番目。
・大潮;晴天無風 良い釣り日和。
・胴付仕掛天秤とも小物のアタリ分からす。

Img_20171001_0624○教訓
・深場では仕掛けの上げ下げに時間がかかるため、小物が釣れていることに気づかなければいつまでもアタリを待つことになる。・・が、針は埋まっており、結果、本命のチャンスを逃している。穂先の敏感な竿が必要か?でも錘は150号だしナ・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

スルメ 一旦終了・・?

Dscn0467 庄治郎丸のスルメ船が終了になるのでその前に是非というオーさんの電話で急遽のスルメ狙い。風弱く波も無くすっきりと晴れわたった青空でこれ以ないという絶好の釣り日和。あとはイカさん達のやる気だけが問題だったが・・・。出港後5時間近くになってもオイラのバケツにイカの姿は無く、周りもあまり釣れている様子は無い。妻に船上からボウズの連絡をしたあとに、なんとかその日の食卓分は確保できたが、皆さん最後の1~2投で連掛けできた人が7~8尾の模様。(オイラに連掛けはなし)

○釣り船;庄治郎丸(平塚港)
○同行者;、オーさん。15名の乗合。
○狙い;スルメイカ
○場所;江ノ島、鎌倉沖、水深70~120m。絶好の釣り日和。

○道具;リーディング クウ 1.8mにシーボーグ300J電動リール、錘120号。
・仕掛け:8本プラヅノを主体にしてスッテと交換したり角を増やしたりの直結。&下3本ブランコも。最終的に10本プラヅノの直結仕掛。

○釣果;本命x3:殆どムギのサイズ。(船全体では1~18)
 オーさんの釣果1(残念)。

○その他
・片舷 7人、右舷前から3番目。
・若潮。
・アタリ3回でやはり一匹ずつしか上げられず。
・仕掛の落下を船長の指示棚の上方で止めたり中間で止めたり下方で止めたり色々やってみる。いずれにしても早く指示棚を捉えることが有利となる。上方で止めて、すかさず乗ったときは嬉しかった。

○教訓
・ 全体的に厳しい状況であったが、最後に連掛けできた人が多くてオイラ達がボトム。やはり連掛けが課題。
・イカは足が速く、100m近い棚を狙うので、やはり早く仕掛けを落とせた人が有利。リールの糸送り機能(使ったことが無い)を有効に活用すべきであったが、後の祭り。次からはぜひ使ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »