« マルイカ スカーッ どおしたもんじゃろのー | トップページ | ムギ&マル »

2017年5月 8日 (月)

初 ティップラン エギング

 出船時刻に仲間の一人が現れず電話したらまだ寝床の中。結局2人だけの貸切の乗り合いとなり、船長には気の毒だったね。約一年前に準備したティップラン用の竿とリール、初めて使うことが出来たが結果は散々。全くアタリがないまま出船2時間ほどで南風が強くなり、波は高く、底は取れなくなり、釣れる気がしなくて昼過ぎには早上がりしてもらう。ティップランとは天候(特に風)に大きく左右される釣法であることをショッパナに思い知らされたね。

○釣り船;もと明丸(小田原早川港)
○同行者;Abさん。2名の乗合。
○狙い;アオリイカ
○場所;小田原、国府津沖、水深10~30m。南風が強くなり波に白兎が跳ぶ。

○道具;エメラルダス66M-S&手作り812 1.5mに小型スピニング&両軸リール(PE0.8号)、エギ30~50g。
・仕掛け:2号のリーダー2mにエギ&浮きスッテ。(根ガカリで失う)

○釣果;本命xゼロ。南風強くなり早上がり(してもらう)。
・船長の話だと、最近殆ど上がっていない、イカがいないのかも・・。
 
○その他
・右舷に 2人、前方。
・中潮。
・同行予定のエスさん寝坊で現れず、電話したら出船時間に寝床の中。

○教訓
  ・・ ティップランという釣法天候(特に風)に大きく左右される・・

|

« マルイカ スカーッ どおしたもんじゃろのー | トップページ | ムギ&マル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164427/65253119

この記事へのトラックバック一覧です: 初 ティップラン エギング:

« マルイカ スカーッ どおしたもんじゃろのー | トップページ | ムギ&マル »