« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月25日 (土)

深場五目

Dscn0426  殆ど期待できない深場だけど、間違ってアカムツとか金目鯛が釣れるかもと、最近アカムツの釣り番組で見た天秤仕掛など準備して大磯港へ。これを試している間だけアタリがあり、きっとハリスが長くなる分、餌の動きがよくなるんだろうね。でも広い範囲の棚を探るには、頻繁な仕掛の上げ下げが必要で結構大変なことも判明。一長一短があるね。釣果は淋しかったが最初から期待してなかったからね。

○釣り船;辰丸(大磯港)
○同行者;オーさん。7名の仕立て。
○狙い;深場五目:出来ればアカムツ、キンメ
○場所;二ノ宮、大磯沖、水深210~370m。
○釣果;スミヤキx2、オキギス等。
○道具;リーディングXネモノ2.05m(竿)にタナコンブル750Fe(リール)
・仕掛け:幹糸12号枝間1.2mにハリス10号60cm8本鈎の胴付き、錘250号。又ハリス10号3m3本鈎の天秤仕掛を試す。

Img_20171001_0325○その他
・片舷4人、右舷艫から2番目。
・中潮;真冬並みの気温だが晴れ間も覗く良い釣り日和。後半少し北風。
・胴付仕掛では一回も当らず、天秤仕掛に変えてスキミヤキ等。その他の主な獲物はFwさんに45cm、1kg程のアラのみ。
・オーさんが海面まで上げてきた大きなスミヤキをタモですくい損ねて海面でバラす。お詫びにオイラの釣った小さなのを進呈。

○教訓
・天秤仕掛はアタリは増えるが広い範囲の棚取りと誘いが必要で、結構忙しい。でも周りに迷惑が掛からなければ試してみる価値はあるかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

カマス引っ掛け・・オマケ

Dscn0423 カマスは前回で終了し今回はアマダイでもと思っていたら、今までなかなかカマスの釣果が伸びなかったオーさん、前回他のグループで引っ掛けのアタリとアワセの要領を掴んだという。忘れないうちにもう一度と云うことで再々度オマケのカマスへ。そしてそのオーさんが仲間内のトップになり、来季からはカマスの鬼になりそ・・。

○釣り船;庄治郎丸(平塚港)
○同行者;オーさん、エスさん。11名の乗合。
○狙い;カマス(引っかけ)
○場所;二ノ宮、大磯沖、水深130~160m。後半南よりの風。
○釣果;カマスx12(船中では10~31)、仲間内ではオーさんがTOP(15?)。

○道具;リーディングXネモノ2.05m(竿)にシーボーグ400MM(リール)
・仕掛け:(カマス)幹糸12号枝間1mにハリス6号20cm3本の引っ掛け(カットウ)鈎、錘150号。錘直上にもイカヅノ仕掛け。今回天秤、フラッシャー使わず。

○その他
・片舷6 &5人、右舷ミヨシから2番目。
・中潮;風弱く波も低い。
・前回壊れたと思ったバッテリー、プッシュボタン式のON、OFFスイッチが手を放すとOFFになるため押さえの仕掛けを作って途中から試す。とりあえず使用可能。
・仕掛けを降ろすときのヒットが殆ど。イカヅノ仕掛けに口を使ったヒットも(上げで)。

○教訓
・ベビーベッドの上に吊るすメリーゴーランド?のような仕掛けを使っている人がトップだった模様。オイラ今回は天秤を使用しなかったがそれぞれの枝に(縦2~3本ほど)小型天秤を使ってみるのも一案と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »