« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月27日 (月)

カマス引っ掛け2

P1010009 2日前の辰丸もカマスのようだったが、回数券も使わなくてはとエスさんと庄治郎の乗合カマスへ。やや荒れ気味の海だったが何とか釣りになり、それなりの釣果で今年の引っかけカマスを終了できた。後で聞けば辰丸に参加したオーさんもたくさん釣れたようで良かったです~ウ。

○釣り船;庄治郎丸(平塚港)
○同行者;エスさん。7名の乗合(2隻)。
○狙い;カマス(引っかけ)
○場所;二ノ宮、大磯沖、水深130~170m。北よりの風やや強く波約1m。
○釣果;カマスx21(船中では13~51)、サバ

○道具;リーディングXネモノ2.05m(竿)にシーボーグ400MM(リール)
・仕掛け:(カマス)幹糸12号枝間0.9mにハリス6号20cm3本の引っ掛け(カットウ)鈎、錘150号。錘直上にも極小天秤を付けてイカヅノ仕掛け。手作りフラッシャーも使用。

○その他
・片舷4 &3人、右舷大艫から2番目。
・大潮;風がやや強く波高し。
・仕掛の上げ下げが頻繁なため、船の電源を使い途中からバッテリーの消費を試みたがバッテリースイッチオンにならず、シーキング7500out。
・仕掛けを降ろすときのヒットが殆ど。イカヅノ仕掛けにも2度ほどヒット。

○教訓
・ケイムラフラッシャーを付けたエスさんの置き竿にダブルのヒットがあったりして、引っかけのための大きなカットウ鈎にもカマスは口を使うことがあるようだ。だけどフラッシャーや餌をつけると自分の幹糸に絡み易く、他人とのオマツリの際にはグチャグチャになり、解きが大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

タチウオ、アジ リレー

Dscn0421 金沢八景の太刀魚船が終了して今季の太刀魚は終わったと思っていたら、辰丸グループFwさんから行きつけの浦賀の船がアジとのリレーで、まだやっているとの情報で横須賀へ。北風がやや強く波も高い状況で船は揺れ、周りからは全くやる気のない釣り方に見えたようだが、それが今日のタチウオのヒットパターンだったようでそこそこ楽しい釣りになった。昨日買った竿もなかなかの使い勝手で嬉しさも倍増したような・・。

○釣り船;福よし丸(鴨居大室港);片舷5人、右舷ミヨシ。(10名の乗合)
○同行者;辰丸グループFwさんの誘いでエスさんとAbさん。
○狙い;太刀魚とアジのリレー
○場所;東京湾久里浜沖、タチウオ水深140~170m、アジ水深約90m。北風やや強く波1m。
○釣果;タチウオx7、アジx9、サバ(タチウオトップ、アジボトム)同行者タチウオ1~6、アジ12~16

○道具;Deeo SPS(新竿) 1.8m&シーボーグ250(PE2号巻き)、アナリスタライトゲーム&シーボーグ300J(PE3号巻き)
・仕掛け:ハリス7号2mにタチウオ鈎2/0 天秤仕掛錘80号、& ビシアジ仕掛錘130号
○その他
・小潮;リレー船のためそれぞれ3時間勝負。タチウオは渋い状況だったが船の揺れを利用した誘いがナイスパターンだった模様。アジは入れれば釣れる良いポイント。
・帰りは渋滞(鎌倉付近)を避けて5個の通過目的地を設定した1号線経由で1.5時間。
・アナリスタライトゲームをビシアジに試してみたが軟すぎ・・?。

○教訓
・タチウオ仕掛の蛍光パイプやフラッシャー、水中ライト等をすべて取り外したら釣れ始める。釣り座のミヨシは足場が悪く、波で船が揺れて立ち釣りができないため竿を曲げた膝に載せて固定し、船の揺れに合わせて(竿先が上がればリールを巻き、下がれば止める)誘いを行う。当日のヒットパターンは何が幸いするやら・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »